MENU
カテゴリー
アーカイブ
リリ
目覚めの案内人
純粋な非二元(悟り)の観点から心のセラピストとして活動しているリリです。
幼い頃から、この世界への諸行無常感を抱え、極度に繊細で敏感(HSP)な自分に生き辛さを感じいました。20代の時に訪れた絶望を機に悟りの探求を始め、一瞥・覚醒を数度体験。
セッションでは表面的な改善でその時だけの状況を変えていくのではなく、より本質的かつ根本的な改善方法に導くことを心がけています。

ハイヤーセルフからメッセージとは?具体的にどんなものなの?

手紙とバラ

こんにちは。リリです。

今日は、ハイヤーセルフからのメッセージとは一体、どんなものであるのか?について、お話していきます。

より、イメージが湧きやすくなるように、具体的にどんなメッセージを実際に受け取るのかの実例も踏まえながら、お話ししていきます。

また、それに加えて、「ハイヤーセルフとは違う波動の低い意識と、ハイヤーセルフの声の見極め方」などもお話していきますので、ぜひ、興味のある方は読んでみてください。

それでは、早速いきましょう^^

目次

ハイヤーセルフからのメッセージとは?

すずらん


まず、そもそもハイヤーセルフからのメッセージとは何か?ということに関して。

ハイヤーセルフとは私たち1人1人、そして全ての人に存在している”高次の意識”のことを指します。

そんなハイヤーセルフは、いつでも私たちと共にいて、私たちの人生を俯瞰した視点で見守っているのですが、多くの人はそのことに気づいていません。

ですが、ハイヤーセルフは目には見えませんが、あなたが繋がりたいと思えば、いつでもその手を差し伸べて、あなたの成長・進化を支えてくれる存在です。

そして、いつでも私たちの成長段階に寄り添ったアドバイスをもたらしてくれます。

より、私たちの日常に寄り添った、人間的なガイダンスをもらえる相手こそがハイヤーセルフだということもできます。

そして、ハイヤーセルフが私たちに届けるメッセージはいつでも、私たちがエゴの人生から愛の人生に向かっていくための招待状としてもたらされます。

それは、恋愛・仕事・ビジネス・健康…全ての面に共通して言えることです。

日常のあらゆる問題や悩みに対してメッセージをくれながらも、その上で長期的な視点で見たときに、あなたが根本の部分から幸福になるためのガイダンスをしてくれます。

それは”人生に導き・流れを作るメッセージ”であることもあるし、あなたの人生に答えをもたらすメッセージであることもあるし、時にはあなたを危機的状況から救うためのメッセージであることもあります。

そして、そんなハイヤーセルフからの全てのメッセージの根本にあるのは、「無条件の愛」です。

ハイヤーセルフからもたらされるメッセージの全てには、深い慈悲が根付いています。

ハイヤーセルフからのメッセージ実例

ここでいくつか、私がハイヤーセルフから実際に受け取ったメッセージの実例をご紹介します。

今回紹介する内容は、友人でありソウルメイトでもあるチャネラーさんから受け取ったメッセージと、私自身が実際に受け取ったメッセージです。

以下、わかりやすいようにチャット式にしていますが、実際は目に見える存在と対話している訳ではなく、相手は目に見えないハイヤーセルフです。

ケース1:人生に壁が訪れて、困難に感じている時

リリ

聖霊(=ハイヤーセルフ)さん、私はこの状況をどうしていけばいいですか?適切な方法を知るべきでしょうか?

ハイヤーセルフ

(まるで歌の歌詞のように)思ってるよりスッと乗り越えられる。
すべては愛のままに動いていくだろう。

そして、この時、同時に受け取ったのが、「課題がクリアされた先に、南国の海の景色が広がっていくイメージが人生に起こっていく。鮮やかでものすごく心地良い感じ。」という視覚的感覚でした。

ケース2:感情の浄化の最中

リリ

聖霊(=ハイヤーセルフ)さん、エゴのマインドアタックを受けないようにするにはどうしたら良いでしょうか?
最近、頻繁に怒りが怒ります。
それによって私は心が乱されて苦しいです。

ハイヤーセルフ

本来は何一つ、問題など、存在しないことを思い出して。
そして怒りを感じているあなたもまた、丸ごと愛おしい存在だということも。

ケース3:導きを求めた時

リリ

聖霊(=ハイヤーセルフ)さん、私は悟りを見出したくてしょうがありません。どうしたら良いでしょうか?
悟りを見出したくてしょうがなくて涙が出てくるのです。

ハイヤーセルフ

あなたにもたらすシンクロニシティの導きに従いなさい。
私はあなたを導いている。
私はしっかりとあなたに導きをもたらしていくよ。

実際にこの言葉の通り、私の誕生日の日に、アセンデッドマスターであるサンジェルマンのシンクロニシティが起こり、私はインドの悟りの聖者プンジャジの元で覚醒した方に導かれることとなりました。

以上、一部ではありますが、このようにハイヤーセルフはあらゆるメッセージを私たちにもたらしてくれます。

多くは語りませんが、いつでも必要な部分だけはしっかりと明確に伝えてくれるのがハイヤーセルフからのメッセージの特徴と言えるかもしれません。

ハイヤーセルフとそうじゃない場合の声の見分け方

犬の目


ただ、時には「この声は本当にハイヤーセルフなんだろうか?」と、自分がどんな存在からメッセージを受け取っているのか、わからなくなることもあるかもしれません。

ハイヤーセルフ以外にも、アセンデッドマスター(イエスやサンジェルマン伯爵やブッダなど)などの高次の意識と繋がるならば何も問題がないのですが、時には波動の低い存在と繋がってしまう場合もあります。

よって、ハイヤーセルフとそうではない声の見極め方を知っておくことは大切です。

ハイヤーセルフと波動の高い存在からもたらされるメッセージというのは、基本的にあなたを元気づけてはくれるでしょう。成長・進化しようとする応援もしてくれます。

時には、自分自身にとってグサッと刺さるような、痛〜いアドバイスが来ることもありますが、それも愛のムチであることがわかります。

ただ、エゴ的なアドバイスは一切ありません。

あなたの人生をコントロールしようとするようなガイダンスだったり、他者をコントロールするようなガイダンスは一切ないのです。

「絶対に、〜しなさい。」というような決めつけがなく、あなたの意思を尊重した上でのガイダンスがほとんどです。

よって、逆にあなたや他者を依存させるようなガイダンスの場合、それはハイヤーセルフからのメッセージではない可能性があります。

はっきり答えを言うハイヤーセルフもいれば、ぼかして言うハイヤーセルフもいます。

どちらにしてもその人を信じて尊重するがゆえに…なのですが、そこには決して強引さや洗脳要素は含まれません。

ハイヤーセルフからのメッセージの届き方

夕日に映る美しい女性


ハイヤーセルフからのメッセージは、あらゆる形でもたらされます。

ヴィジョンで受け取ることもあれば、「なんとなくの予感が的中した」といったような虫の知らせ的なことが起こることもあるのです。

そんな受け取り方を大きく分けるとするならば以下の4つに分けられます。

方法1:直感からのメッセージ

直感から受け取るメッセージは、もっとも多くの人に馴染みあるメッセージのように感じます。

というのも私たちは日頃から無自覚なところで、”直感”という形でハイヤーセルフからのメッセージを受け取っているからです。

この直感は、ヴィジョンで受け取ることもあれば、「なんとなくこう思う。」といった微妙な感覚で訪れることもあるでしょう。

例えば、「こっちの道は危ない気がする…。」という直感が働いて、それでも先に進んだら案の定、急な崖崩れが起きていた…。なんて風なことが起こることもあります。

ハイヤーセルフは全てをお見通しなので、そういった直感を通して、あなたにサインを送ってくることがあるのです。

また、あなたが純粋にワクワクしたり、夢中になるものに関してもハイヤーセルフからのメッセージであることがあります。

純粋な好きやワクワクの気持ちは「その道を進んでいけば問題ないよ。」というようなサインとなります。

方法2:感覚的メッセージ

ハイヤーセルフからのメッセージは私たちの五感を通して、感覚としてやってくることもあります。

例えば以下のような感じです。

視覚…急に目に飛び込んでくる言葉・目に見えた景色・光・数字など

聴覚…耳に飛び込んできた音や言葉など

嗅覚…鼻で嗅いだ香り(懐かしい香りや不思議な香りなど)など

味覚…空気の味、何も食べていないのに急に口に広がる味など

触覚…肌で感じる空気の感覚、木を触った時の感覚など

上記で挙げた以外にもたくさんの例があるでしょう。

その土地によって、その土地で起きたことの匂いが蘇ってきた。というような体験をする人もいますし、メッセージはあらゆる形でもたらされます。

方法3:シンクロニシティ

虫の知らせ的なことが起こることもあると前述しましたが、これも一種のシンクロニシティ的メッセージの1つです。

以前、ある登山家の人がお話していた実話エピソードにこんなお話がありました。

その方はある海外の山の登山から帰って来てすぐに、娘さんに「次いったら死ぬよ」と、言われたそうです。

娘さんは、その方が一度、雪洞の中で一酸化炭素中毒で死にかけたとき、家で「お父さん、死んだ!」と母親に伝えたことがあり、後でその話を聞いて、気を失ったタイミングと一緒だったので、驚いた…。とのことでした。

結局その方は、死にかけた体験により、登山をやることをやめたそうですが、これも1つの”虫の知らせ”でしょう。

ただ、シンクロニシティは不幸のお知らせだけではなく、その人に素晴らしいメッセージをもたらしたり、奇跡を起こすこともあります。

私も数多くのシンクロニシティを体験してきたのですが、詳細は以下の記事で詳しく書いていますのでよかったら読んでみてください。

あわせて読みたい
ハイヤーセルフがもたらすシンクロニシティ現象とは
ハイヤーセルフがもたらすシンクロニシティ現象とはこんにちは。リリです。スピリチュアルの世界や心理学の世界では、意味ある共時性、偶然の一致のことを「シンクロニシティ現象」と呼びます。このシンクロニシティ現象...

方法4:リーディングでの直接的メッセージ

ハイヤーセルフから直接メッセージを受け取る方法として、ハイヤーセルフリーディングがあります。

ハイヤーセルフと意図的に繋がってメッセージを受け取る方法なのですが、その方法も様々あって、大きく分けると3つに分けることができます。

  1. チャネリング
  2. オラクルカードリーディング
  3. タロットカードリーディング

チャネリングは、チャット形式で前述したように、直接メッセージを受け取るのに比べて、カードリーディングはカードを通して、より具体的なメッセージを届ける役割を果たします。

それぞれの詳細に関しては以下の記事で詳しく説明しています。

あわせて読みたい
ハイヤーセルフリーディングとは?そのやり方
ハイヤーセルフリーディングとは?そのやり方こんにちは。リリです。今回は私たちを無条件の愛の在り方へと導く「ハイヤーセルフリーディング」について。ハイヤーセルフは私たちの”内なる神聖さ”であり、宇宙の叡...

自分で出来るメッセージの受け取り方

では、ハイヤーセルフからのメッセージは自分自身で直接、受け取ることができるのでしょうか?

答えは、イエスです。

上記したように、私たちは直感や五感を通して、あらゆるサインを受け取っています。

また、その中でも自分自身でさらにメッセージを受け取りやすくなる為の方法として、7つのコツがあります。

以下の7つです。

  1. 心身ともにリラックスする(瞑想など)
  2. 自分を信じる(=直感を信じる)
  3. エゴ的思考を鎮める
  4. 古い観念や恐れを手放していく
  5. 言葉以外のサインにも注意を向ける
  6. 繋がることを明確に意図する
  7. 慈悲の視点を育む

これら7つの要素を、自分の心のあり方として定着させればさせる程、ハイヤーセルフと繋がりやすい自分になっていきます。

ちなみにこの7つの要素に関しての詳細は、以下の記事で詳しく説明していますので、よかったらご覧ください。

あわせて読みたい
ハイヤーセルフと繋がる為の7つのコツ
ハイヤーセルフと繋がる為の7つのコツこんにちは。リリです。私たちには全ての人、1人1人に高次の意識であるハイヤーセルフがついています。ハイヤーセルフは聖霊、純粋意識、大いなる自己、内なる神聖さ...

プロにやってもらうメッセージの受け取り方

オラクルカード

また、プロからやってもらうメッセージの受け取り方もあります。

私自身が行なっているノンデュアリティセッションでも、オラクルカードやタロットカードを通してハイヤーセルフと繋がり、その人にとって最も必要なメッセージを受け取る方法です。

恋愛・金銭・仕事・健康…あらゆる面で、具体的かつ、必要なガイダンスを受け取ることができます。

私自身、カードというツールを使ってハイヤーセルフと繋がることによって、その方のハイヤーセルフと繋がりやすくなるのでこのツールを使用しています。

また、あるソウルメイトでありプロのチャネラーである方から「リリさんから自然と出てくる言葉は、そもそもハイヤーセルフと一体となっている言葉が多い。」と言われたことがありました。

よって、私が日頃、行なっているノンデュアリティセッションでは、私が自然に受け取ったハイヤーセルフからのメッセージも含めて、出たカードを軸にハイヤーセルフから受け取ったガイダンスをお伝えしていきます。

カードは15枚出てくる時もあれば、3枚の時もあります。それは質問の内容やその人に必要なカードによって変わっていきます。

終わりに

以上、今回はハイヤーセルフのメッセージについて、詳しくお話させていただきました。

いかがだったでしょうか?

ハイヤーセルフは私たちを忍耐強く見守り、愛情深い母親のように、時に厳しく、時に愛情いっぱいで私たちを支えてくれている存在です。

あなたがそんなハイヤーセルフに繋がりたいと意図した時点で、その声は必ずやハイヤーセルフに聞き遂げられています^^

だからこそ、ぜひ、その声を大切にされてくださいね。

それでは今日はこの辺で。

愛を込めて。

手紙とバラ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる