MENU
カテゴリー
アーカイブ
リリ
目覚めの案内人
純粋な非二元(悟り)の観点から心のセラピストとして活動しているリリです。
幼い頃から、この世界への諸行無常感を抱え、極度に繊細で敏感(HSP)な自分に生き辛さを感じいました。20代の時に訪れた絶望を機に悟りの探求を始め、一瞥・覚醒を数度体験。
セッションでは表面的な改善でその時だけの状況を変えていくのではなく、より本質的かつ根本的な改善方法に導くことを心がけています。

恋愛の極意 鏡の法則と恋愛の密接な関係性

花火の前で背中を支え合う男女

こんにちは。リリです。

「出会う人は鏡」という言葉がありますが、心理学やスピリチュアルな世界ではよくその事を「鏡の法則」と表現します。とても有名な法則なので、ご存知の方も多いかと思います。

ただ、鏡の法則がどこまで当てはまるのか、そのことを深い部分で理解している人はそう多くない印象です。

実際、「私があんなやつと鏡な訳がない。現に私はいつも彼に話しかけるけれど、彼は一切私を無視して無口だ。そのどこが鏡なのか。」と、そんな風に一見、鏡とは思えない事例がたくさん存在しています。

だからこそ、鏡の法則に対して「意地悪な法則だ。」とそんな風に感じる方もいるでしょう。そのお気持ちも十分にわかります。

ただ、根本を突き詰めていくと、やはり出会う人は皆、鏡です。

恋愛関係は特に、そのことをストレートに実感させてくれる、非常に学びの多い関係だと言えます。
だからこそ、恋人に限らず夫婦関係などあらゆる恋愛関係をより良いものにするためには、鏡の法則を理解していくことが非常に重要になってきます。

よって今回は、恋愛関係と鏡の法則について詳しくお話していきます。恋愛の極意とも言える非常に本質的な内容になっていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは早速いきましょう。

目次

鏡の法則と恋愛の密接な関係

海辺の男女
自分の(過去も含め)パートナーが自分の鏡である。と聞いた時、どんな気持ちになるでしょうか?

嬉しい部分もあれば、「そんなバカな。絶対に嫌だ。ありえない。」と、そんな風に思う部分もあるかもしれません。私も鏡の法則を初めて知った時は、非常に抵抗感を感じたのを覚えています。「あんな人が私の鏡!?ありえない!」と、そんな風に思ったものです。

ですがやがては、本当にその通りだと気づいていきました。

私は以前、幼少期のトラウマなどにより、自分は犠牲者だと感じて生きていました。自信もなく、そんな自分が嫌いだったのですが、その時は、そんな私をさらに苦しませるような加害者の役割を果たしてくれる人によく出会ったものです。

そのように、鏡の法則は人間関係全般に当てはまるものですが、恋愛関係におけるパートナーは特に、その真実をパワフルに見せてくれる鏡となります。
恋愛関係は、もっとも距離が近い関係性と言えますし、愛は心を開き、人を無防備にさせるがゆえに、時により強力な鏡となるのかもしれません。

実際、パートナーとの関係を注意深く分析していくと、自分の人生パターンやその他の人たちとの関係性などもわかり、自分の人生に対する関わり方の全てがパートナーとの関係に集約されていることも少なくありません。

パートナーシップに人間関係の全てが現れるといっても、過言ではないほどです。

そんな中、相手が良い意味での鏡であれ時は何も問題ないのですが、悪い方向の場合、非常に苦しい試練のような体験となります。

加えて、試練として現れてくる人が、自分の要素を見せてくれていると気付くまでは、同じような関係をパターンのように繰り返していきます。全く違う相手や環境を見つけたと思っても、やがては同じようなパターンに陥っていると気づくのです。

そのように、鏡の法則とパートナーシップは密接な関係性を持っており、相手はいつでも、あなたが人生を改善させるための気づきを起こすための素晴らしい鏡となってくれています。

パートナーはあなたの痛みを見せてくれる存在

胸に手を当てる女性
恋愛は最も強力な鏡となる。というお話をしましたが、それは表面的にはわかりにくいことも多いです。自分の闇や負の部分が鏡となる時は特にわかりにくいでしょう。

というのも、鏡として相手に投影される負の部分のほとんどは、自分自身が密かに嫌っている自分を隠すために無意識下に押し込め、忘れ去った自身の闇の部分だからです。

多くの場合、自分自身の中にそのことがあるということを、恐ろしくて直視することができません。だからこそ、そうした要素を絶対悪として外側に追いやり、否定するのですが、その行為は、より強烈な投影を起こすこととなります。

つまり、あるがままの自分を愛さない限り、何かごまかして見ないようにしている自分がある限り、その要素が外側の世界に、より強烈な存在として登場する、ということです。

例えば、DVをする男性をいつも引き寄せる女性がいたとして。

その女性は相手に対して全く暴力を振るったことがないとします。そうすると、表面的には絶対的被害者が女性で、絶対的加害者が男性のように感じられ、鏡ではないように思えます。

ですが、こうしたパターンもよくよく見ていくと、鏡であることがわかります。

というのも、その女性は幼少期に父親に暴力を振るわれるという深いトラウマを抱えており、その事によって、「自分は暴力を振るわれるにふさわしい存在だ。」と無意識に思い込んでしまっていました。

それが原因で苦しみの信念が鏡として現実に現れてしまい、DVを行う男性を引き寄せてしまう、というような現実が起こっていたのです。

表面的には「暴力的な男性に出会いたくない。」とそう思っていても、潜在意識レベルで自分は暴力を受ける価値しかない人間だと信じている限り、そうしたパターンを繰り返してしまうことも少なくありません。

もちろん、今回の例はあくまでも一例ですが、人間関係の問題の深層には、必ず自身の心の傷が隠れています。

そして、自分のあるがままの輝き、価値を認めない限り、このパターンは終わりません。まるで生き地獄のようですが、それを生み出しているのは、紛れもなく自分の傷やそれによる信念なのです。

よって、パートナーはあなたの無意識下の痛みを見せてくれる存在だとも言うことができます。

もしあなたがパートナーに酷い扱いを受けてばかりいる場合、あなた自身が自分を労らず、慈しまず、酷く扱っている要素が必ず存在します。

癒えていないトラウマや、怒りや苦しみがある場合、パートナーが”酷い人”という姿で、その傷を教えてくれることも多いのです。

ちなみに、私が日頃行なっているノンデュアリティセッションの「ワーク」は、そうした「人は鏡」という事実への気づきに導いてくれる非常に強力なツールです。私自身、自分でワークを何度も何度も行なってきて、あるがままの自分に対する愛の欠如部分に何度も気づかされてきました。

その度にあるがままの自分に愛を持って接するようになり、その結果、出会う人も驚くほどに変わっていった実体験があります。本当に驚くほどに縁が変化し、非常に愛情深い人たちと出会うようになっていきました。

そうした経験もあって、人は鏡であるとが真実であるということを痛感しています。

重要なのはお互いが癒しにむかう”コミット力”

夕日の中佇むカップル
もし、より良い恋愛関係を望むのであれば、重要になってくるのは、「相手は鏡」ということをちゃんと理解し、相手に投影したままで責めて終わるのではなく、自分の心の癒しや浄化にフォーカスすることです。

鏡の法則は本来、自分を責める為にあるのではなく、自分を癒し愛するための法則です。

闇や痛みの投影が起こるならば、自分がその闇や傷をあるがままに許し癒すために、その人はあなたの前に現れています。自分の闇や傷を無視し否定している限り、投影は終わらないですし、真の愛を知ることはできません。

だからこそ、お互いが投影を通して自分自身を癒すことがパートナーシップにおいて重要になってきます。

究極的には、人間関係の全ては「自分自身との関係」に帰結していきます。逆説的な話ですが、自分があるがままの自分を愛して孤独でなければ、そんなあなたをさらに満たす素晴らしいパートナーに恵まれるのです。

逆に、あなたが孤独を埋め合わせるために、また自分の価値を埋めるためにパートナーを探すならば、そんなあなたの痛みを見せてくる、より孤独感や無価値観を強める相手に出会ったりするでしょう。私も、そんなパターンを繰り返している時期がありました。

たとえもし、今のお相手に癒しの準備ができていなかったとしても、あなた1人で癒しに集中することができます。その結果は様々ですが、完璧な流れで展開していくことを信頼してください。

適切なタイミングで別れ・もしくは相手にも癒しの連鎖が起き、関係の改善が起こっていくでしょう。

どんな結果となっても、あなたがあなた自身の鏡の要素を相手に投影したままで責めるのではなく、自分ごととして癒していく限り、間違いは起こりえません。

これが、人間関係の真実です。

鏡の法則はあなたが自分自身に愛を注ぐために、存在しています。

そして、あなたがより癒されるために、あらゆる(あなたが閉じ込めてしまった自分自身の)負の要素を見せてくれる人が、あなたの前に現れています。

素晴らしい真実だと思いませんか?^^世界は、思っている以上に優しいのです。

終わりに

以上、今回は「鏡の法則」と恋愛の密接な関係性について、お話させていただきました。

いかがだったでしょうか?今回の内容をまとめます。

要約まとめ
  • 恋愛関係と鏡の法則は関係性が濃い分、より密接な関わりを持つ
  • パートナーはより強力な鏡となる
  • どんなにそう思えなくても、深い部分で相手はあなたの鏡
  • 鏡の部分を無視している限り、同じパターンが繰り返される
  • パートナーは時にあなたの無意識の痛みを鏡として教えてくれる存在
  • 自分が自分を愛した時、鏡として素晴らしいパートナーを引き寄せる
  • パートナーシップで大切なのはお互いの自身の癒しへのコミット
  • 最終的にあるのは自分自身との関係のみ。
  • 自分と良い関係を持っている人は自ずと素敵な人を引き寄せていく

あなたがあるがままの自分を愛したならば、人間関係の悩みは起こりようがありません。

もし仮に、変な人や失礼な人に出会ったとしても、自分が完全に愛によって癒されていた場合、そんな人たちへの嫌悪が起きないのです。それは投影が起こっていないが故です。

ただ、これは表面的な意識での話ではなく、無意識レベルで、自分を愛し癒せたならば、です。そのためには、自分の苦しみや痛みから解放される必要があります。あらゆるトラウマや偏見から自由になり、意識レベルを愛によって向上させ目覚めていくことが大切になってくるのです。

しかし中には、そうでなくとも、素晴らしいパートナーに出会っている人もいます。内面の輝きがパートナーに鏡として現れたような関係性です。ただ、完璧な人などいないので、そうした場合でも、沢山の喧嘩をしながら、お互いが自分自身やお互いの本質的な幸せにコミットしている為、良好な関係を築いていくことが可能となるのです。

その為にもまずは、あるがままの自分をいたわり、慈しむ必要があるでしょう。

ちなみにその方法は「愛による人生変革講座」で余すことなく無料公開していますので、興味のある方はぜひ、見てみてください。

それでは今日はこの辺で。

愛を込めて。

リリ

花火の前で背中を支え合う男女

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる