MENU
カテゴリー
アーカイブ
リリ
目覚めの案内人
純粋な非二元(悟り)の観点から心のセラピストとして活動しているリリです。
幼い頃から、この世界への諸行無常感を抱え、極度に繊細で敏感(HSP)な自分に生き辛さを感じいました。20代の時に訪れた絶望を機に悟りの探求を始め、一瞥・覚醒を数度体験。
セッションでは表面的な改善でその時だけの状況を変えていくのではなく、より本質的かつ根本的な改善方法に導くことを心がけています。

アセンションのプロセスで起こり得る症状とは

こんにちは。リリです。

スピリチュアルの世界の一部では、アセンションのプロセスを通る際に、”起こり得る症状”があると言われています。これは一種の好転反応とも呼べるものです。

好転反応とは一般的に、医学的治療の過程で使われる言葉です。一時的に起こる身体反応のことを指しており、反応の程度はさまざま。病状の改善が現れる前の一時的な悪化であり、3〜4日持続することが多いとされています。

ただ、スピリチュアルの世界においては時に、内的な好転反応が見られることがあります。

内的な好転反応とは、癒しや浄化が起こったことによって、意識・マインド(思考)に変化が起こり、その結果、今まで閉じ込めていた負の記憶や感情が溢れ出てくることを言います。

この時に起こりやすいのが、負の感情の爆発。怒りっぽくなったり、叫びたくなったり、今まで無意識下に隠されてきた、あらゆるありのままの感情が呼び覚まされていきます。

そして、これは非常に自然な現象と言えます。

食器洗いで例えるとわかりやすいかもしれません。鍋を使用した後、鍋についた油を落とすために洗剤につけると思います。そうすると、こびりついていた汚れが一気に浮かび上がってきて、鍋は一時的に最も汚い状態に見えます。
ただその状態は、汚れが剥がれて表面に浮かび上がってきたからこそであり、水で流したら綺麗になる直前なのです。

心もそれと同じで、傷や負の要素が取り除かれる直前が最も心が荒れる時期だと言えます。
アセンションのプロセスでは、心のあらゆる傷や苦しみが愛に統合されていくので、そうした現象が起こるのは、ある種、当たり前のことなのです。

私自身、この症状は何度も体験してきました。1時間、1人ベッドで、ずっと怒りと苦しみのままに叫び続けていたこともあります。

じゃあ実際にどんな症状・変化が起こっていくのか、具体的な例をあげてみようと思います。

目次

アセンションのプロセスの中で起こりうる症状

体調が悪い女性
アセンションのプロセスの中で起こりうる症状は人それぞれ、様々ですが、今回わかりやすいように、肉体面精神面スピリチュアル面に分けて説明していきます。

肉体的症状(頭痛など)

アセンションのプロセスを通る中で、肉体的に起こり得ると考えられる症状は、以下のような内容です。肉体的変化は人それぞれで、全く起こらない方もいます。

・頭痛、めまい・睡眠パターンの変化(睡眠の減少、過多、習慣の変化など)・不眠

・慢性的な疲れ・疲労
・免疫力の低下
・記憶力の低下
・外的な怪我(じっとさせておくために、あえて足などを怪我することもあります。)
・カフェインやアルコールがあまり摂取できなくなる

精神的な症状

アセンションのプロセスを通る中で精神的に起こり得ると考えられる症状は以下のような内容です。

・抑えきれないほどの怒りや苦しみが湧き出てくる
・感情の爆発で発狂しそうになる
・うつ状態
・死にたくなる
・無気力状態
・自分への自信の喪失・自己嫌悪・無価値感
・ヒステリック
・強い不安感
・感情の上下が激しく情緒不安定に

時にはあまりにも内面が荒れ狂って、周りが手がつけられないほどになることもあるようです。
ですが、それも全ては浄化のための大切な感情です。
それらをあるがままに受け入れ表現することを自分に許すことで、心は正しい浄化のプロセスを経ることができます。

スピリチュアル的症状

スピリチュアルな面においても、好転反応が起こることはあります。実際に素晴らしいスピリチュアルティーチャーたちも、こうした状況に陥ることがあるのです。そして、多くの場合、その体験を超えて、深い至福を見出しています。

・神への不信感
・神との繋がりを失った感覚
・愛の喪失感
・自他への信頼の欠如
・天国から地獄へと落ちたような感覚
・人生全体への虚無感
・あらゆるものに対しての興味の欠如
・血みどろの悪夢を頻繁に見る
・自分が大嘘つきに感じられる

今回ご紹介したのはあくまでも一部ですが、全ての症状(好転反応)は、深い慈悲の元に起こっています。
渦中にいる間は非常に苦しいかもしれませんが、そうした苦しみを超えて、より深い慈悲の視点に気がつくことができることも多いです。

よって、もし強烈な症状(好転反応)が起こっても、それらは全て愛の元に起こっているということを頭に入れておくと、良いかもしれません。

ただ、中には上記した内容が一切起こらない人もいます。逆に症状はあっても、それがアセンションの症状ではない場合もありますので、この内容だけで判断しないようにすることも大切です。

症状は意識の進化・成長に沿って定期的に起こり得る

螺旋階段

アセンションとは、悟りを見出す事と同じです。

「アセンションした意識=悟り意識」であり、アセンションが起こった際には、その人には直感的確信として、視点の転換が起こります。

それはエゴのベールが剥がれた視点であり、「全ては1つであり、生まれることも死ぬこともないワンネスである。」という直観的確信です。

悟りが起こるすぐ前の最終的条件は、どんな本当の「自分」もない、その「自分」は幻想であるという最も深い確信です。それを直観的に深く確信することが途方もない自由の感覚を生み出すことでしょう。

ーラメッシ・バルセカール


そんな中、そのプロセスの途上の魂も多く存在します。

そして、今回お伝えした症状(好転反応)はそうした途上の人こそ、感じやすいものでもあると言えます。というのも、エゴの傷や苦しみがまだ残っているからこそ、そうした好転反応による浄化が起こるからです。

この場合、症状は定期的に起こっていきます。

そうして徐々に、かつ着実な進化・成長を遂げていく事となるのです。

症状後に起こりうる変化

海で楽しげに手をあげる女性

では、症状(好転反応)が終わった後には、どんな変化が起こるのでしょうか。大半の場合、非常に良い変化が起こると言えます。

冒頭でお伝えした例えを再び用いるならば、鍋の汚れが綺麗に取れて、ピカピカになった状態=変化だからです。

肉体面

肉体面においては、時に、非常に奇跡的な変化を遂げる場合もあります。
それは、末期ガンがいきなり完治したり、瀕死の状態から復活したりなどです。ただ、中には病を受け入れることを決めて生まれてくる魂もあります。

よって、病が治らないからアセンションしていないという訳では一切ありません。そんな事実を前提として、起こりうる変化をご紹介します。

・年齢に縛られない活力
・自身の本来のリズムに沿って生きられるようになる
・病の完治(場合によります)
・痛みに囚われなくなる
・素晴らしい創造力の発揮
・今ここに寛げるようになる
・しっかりとしたグラウンディング

精神面

精神面では「昔の自分はどうかしていた」そんな風に思うような変化が起こっていきます。

多くの人が、アセンションのプロセスで意識の上昇が起こった場合、まるで生まれ変わったような、そんな感覚を覚えることでしょう。

・以前は強い反応が起こっていた場面で反応が起こらなくなる
・充足感の増加

・偏見、ジャッジの視点の消失
・世界のあらゆる問題の奥に愛があることを理解できるようになる
・直感力が鋭くなる
・騙されたり利用されることがなくなる
・あらゆる依存心の消失
・純粋無垢になる
・不動の自分軸が形成される
・深い至福感・幸福感

スピリチュアル面

スピリチュアル面での変化は非常に深い部分での変容です。
それは魂レベルにおいての変化であり、多くの人がこの変化を経て、よりあるがままで愛に癒された姿へと変わっていきます。

スピリチュアル面での変化は決して誤魔化すことができません。真の変容が起こると、その人からは臨済のパワーが滲み出てくるのです。

・より深い慈悲が自分の中に根付く
・雑念の減少(心が静かになる)

・どんな意識レベルの人とも調和的なやり取りができるようになる
・人間関係が明確に変わっていく。愛情深い人が集まっていく
・自他への信頼感が揺るぎないものへとなっていく
・罪悪感・羞恥心からの解放
・二元的思考からの解放

・無執着(よりよく生きるようになる)
・より自然にあるがままになっていく
・カルマの浄化、解放
・エゴが牙を剥かなくなる
・引き寄せ体質になる

また上記の内容を踏まえた上で、自分がアセンションしつつある事への最も分かりやすい指標となるのは、「人間関係」です。

「人は鏡」という言葉はまさに真理で、アセンションのプロセスを辿っていくと、確実に人間関係に変化が起こっていきます。

より愛情深い人に出会っていったり、あるがままの自分を愛してくれる人に出会っていくようになるのです。

そちらに関しては以下の記事で詳しく記載していますので、是非読んでみてください。

あわせて読みたい
アセンションと人間関係の密接な関係性とは こんにちは。リリです。 スピリチュアルの世界では、10年ほど前から「アセンション」という現象が非常に注目されています。 この「アセンション」という言葉。スピリチ...

終わりに

以上、今回はアセンションのプロセスを辿っていく中で、起こりうる症状(好転反応)について、お話させていただきました。

意識レベルの変化に当たって、今回ご紹介したような症状(好転反応)が起こることは多いです。

ただ、繰り返しにはなりますが、症状があるからといって、自分がアセンションしていると安易に判断するのは危険ですので、ぜひ、上記でリンクしたような、他のアセンションに関する記事も合わせて読んでみてください。

アセンションのプロセスが進んでいくと、よりよく生きられるようになっていきます。

通常、人は、一時的に楽しいことや喜びを感じて、それ以外は不安や落ち込みなどネガティブな状態にいることが多く、基本的にその繰り返しです。(エゴの特性が狂気を孕んだネガティブ寄りなものなので、しょうがありません。)

ですが、アセンションのプロセスが進んでいくと、エゴはだんだんとその威力を失い、喜びや気楽さを感じる時間が増えていきます。

ただ、そんな中でも時には、強烈なマインドアタック(エゴの浄化)が起こることもあります。ですが、それらは無意識下に隠れていた苦しみを癒すための大切なプロセスであり、そうした苦境を越えて、より深い喜びや慈悲が体現されていきます。

ですから、もし、あらゆる症状が自身の人生に訪れたとても、大丈夫です。何も問題はありません。

全ては愛を軸に回っているのですから。

エゴは非常に巧妙です。ですが、いつでも愛はそれを上回ります^^

そうして人はやがて、深い至福を見出していくのです。

ということで、今日はこの辺で。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

愛を込めて。

リリ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる