MENU
カテゴリー
アーカイブ
リリ
目覚めの案内人
純粋な非二元(悟り)の観点から心のセラピストとして活動しているリリです。
幼い頃から、この世界への諸行無常感を抱え、極度に繊細で敏感(HSP)な自分に生き辛さを感じいました。20代の時に訪れた絶望を機に悟りの探求を始め、一瞥・覚醒を数度体験。
セッションでは表面的な改善でその時だけの状況を変えていくのではなく、より本質的かつ根本的な改善方法に導くことを心がけています。

2021年アセンションの現状|結局アセンションはどうなった?

オーロラと少年

こんにちは。リリです。

スピリチュアルの世界では、10年ほど前から「アセンション」について、色々なことが語られ話題になってきました。

そんな中、最も有力な説としてあったのが、2012年に地球規模のアセンションがやってくる。というものでした。

ではそんな説から10年近く経過した今、地球という惑星のアセンションの状況は一体どうなっているのでしょうか?

今回はそんな「アセンションの現状」について、お話をしていこうと思います。

目次

アセンションの期間に関してのあらゆる説

砂時計

今まで、スピリチュアル界ではアセンションに関して色々なことが語られてきました。

2012年に地球自体のアセンション時期が到来する。という最も有名な説から始まり、その期間は2016年頃までに終わる。であったり、期間は2〜3年前後で起こっていくなど、あらゆる情報が錯綜したのです。

そんな中、一部のスピリチュアルな教師の中には「アセンションしたいなら、今すぐ私の教えに従って!」と伝えたり、「アセンションしない人々は恐ろしい地球に取り残され、こうなる…。」といった脅しをかけて自分の教えに依存させようとする人もいたようです。(当人も無自覚に行なっている事かもしれません。)

では一体、真実はどこにあるのでしょうか?2021年現在、地球のアセンション期間はもう終わってしまったのでしょうか?私が体感として感じていることをお話していきますね。

アセンション期間はもう終わった?

壮大な自然
2012年から約10年近く経った今、地球規模のアセンションは終わってしまったのか?その真実を明確に知る術はありません。

ですが、私が体感として感じるのは、地球自体のアセンションは、決して急に起こるビッグイベント的なものではなく、何百年〜何千年もかけて徐々に行われていくものである。ということです。つまり、アセンションはまだ続いている、とそう思います。

そもそも、その流れは2012年以降、より強力なものになっていったことは事実でしょうが、あらゆる宗教の書物で語り継がれてきたように、アセンションの流れはそれよりも何千年も前から、長い年月をかけて起こり続けてきたプロセスです。

目覚めの時代と言われる今、多くの人が、アセンションやそれに深く関係する悟りに関する情報を気軽に手にすることができるようになりました。(それが正しい知識なのかは置いておくとして。)

そうした情報を一度知ってしまった人は、二度と忘れることができません。というのも、魂の部分では、それが真実であることを直感的に知っているからです。

よって、2012年以降も人類のアセンションの流れはどんどん加速していくでしょうし、終わることもないでしょう。

ちなみに、私は2012年はまだ高校生で、当時アセンションの流れに乗っていたかといえば、お世辞でもそうは言えない非常に病んだ状態でした。そこから5年以上経って、意識の目覚め(アセンションプロセス)が始まった自覚があります。

アセンションは普遍的なものである

美しい芝生とブッダ
そもそも、アセンションとは非常に普遍的なものです。

2012年当時の情報を振り返ると、多くの人がアセンション時期の到来によって、何か目に見える大きなイベントが起こることを期待していたようです。ただ、特にそういったことは起こりませんでした。

それもそのはず、アセンションは何も最近だけに限った話ではなく、数千年以上前から話されていることと同じだからです。それは仏教でいう「悟り」であり、キリスト教でいう「目覚め」であり、ずっと昔からその重要性は語り継がれてきました。

よって、アセンションする人は、どんな時代であれど関係なくアセンションすることができるし、逆に今がアセンション時代だからといってそれが自動的に起こるものでもありません。

結局アセンションするかどうかは、いつの時代も、個々人の愛に向けた成長意思にかかっていると、そう思います。

アセンションの真実:そもそも時間は存在しないということ

時計
また、アセンション時代が来ると、時間という概念が消失して、人間は高次元の存在に進化する。という風にも言われていますが、そもそも時間など存在していなかったと見抜くことこそがアセンションです。

あるのは常に「今」だけ。思考は常に私たちは過去・未来に持っていこうとしますが、本来、あるのは「今」だけなんです。

そう思うと、アセンションが騒がれていた2012年も、そこから直線的な時間軸として9年経った2021年現在も、そもそも本当はそんな時代などなかった。幻想であった。と見抜かれていきます。

よって、2021年の現状として、そこにあるのはいつも「今」という真実だけであり、それは何年経っても変わらずに、ただ永遠にあり続けるのです。


時間と空間は心の中にありますが、人の真の状態は、心を超えたところにあります。

ラマナ・マハルシ

終わりに

以上、今回は「アセンションの現状」というテーマについて、色々お話させていただきました。

いかがだったでしょうか?今回の内容をまとめます。

内容まとめ

  • 人類のアセンションの流れは現状、続いている
  • アセンションの流れは2012年以降、より強力なものになっていった
  • あらゆる宗教の書物で語り継がれてきたように、アセンションの流れは何千年も前から、長い年月をかけて起こり続けてきたプロセス
  • 結局アセンションするかどうかは、いつの時代も、個々人の愛に向けた成長意思にかかっている
  • アセンションとは時間などなかったと見抜くこと

アセンションの流れが加速し、目覚めの時代と呼ばれている今、多くの人がこの世界の真実に気がつき始めています。

ただ、そんな中で大切になってくるのは、流れに乗り遅れないように焦って必死になるのではなく、日々、小さな慈愛と気づきを重ねていくことです。

そうして恐れを手放して自由になっていきましょう^^

それでは今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

愛を込めて。

リリ

オーロラと少年

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる